絶景写真を極める! 目からウロコ「らくらく簡単」の写真レタッチ技術取得教材です

30秒以下から2、3分でアフター完成図を作るFujio Magic ※販売中

  • HOME »
  • 30秒以下から2、3分でアフター完成図を作るFujio Magic ※販売中

(1)「JP・レタッチキット Fujio Magic」の内容について

どうしたら自分が撮影した写真をユーザーが見てくれるだろうか?
どうしたら自社がストックしている写真をユーザーが使用してくれるだろうか?

・・・「こんな低レベルの写真を見せられるのは時間と労力の無駄。この不快感を二度と味わいたくない」・・・というユーザー評価で職を失う写真家の世界がストックフォトです。そのために業界のカメラマン達は写真の質と量数を競います。HPのアマナイメージズ(作家番号11076)を新着順の20,000点で一覧すると、類似写真の多さに不可解な感じを持つかもしれません。この終着点の無いレタッチ作業と監修を担当したFujioは、ストレス解消のためにはアマナイメージズへの納品を中止して“もっと素早く、もっと効果的に”の方策を探求すべしとの結論に達しました。

写真画像を実効薬として実らせる仕事を50年間、中橋マジックから2年の年月を経ての「Fujio Magic」は現時点での究極の特効薬だと確信しています。フォトカタログ(HP絶景工房/ストックフォトと中橋富士夫を参照)の創刊に匹敵する大事件かもしれません。
例えば全国市区町村のHPならば、「ふるさと」の魅力を美しい画像で発信してこそ移住の契機を作れますし、隠れ味の観光地にもスポットが当たります。写真画像の不満足度で嫌われては、SNSアクセスがリピートされません。JP・レタッチキットFujio Magicの製品化を考えたのは、いたるところのHPやSNSで覗く写真画像の質が、展示レベルから離れているものが数多いからです。簡単に展示レベルに変身可能なのに何故?
・・・ならば50年のキャリアを生かして Fujio Magic を完成し、キャリアの最終仕事として世に広めたい・・・。

各実習の実画像作例は2点から数点まで、レタッチプロセスの順序例に沿って詳しい技術説明が記載されています。習字手習いの如く説明どおりのレタッチ順序完成は、30秒以下~3分以内の作業が基本時間です。各実習作例にレタッチ所要時間がメモされています。
※このページの(2)が実習科目一覧(フォルダーNo.2〜10)です。BeforeとAfter画像の比較実例をご覧ください。

※合成や文字入れなどPhotoshopのレベル高いレタッチ技術は、写真画像レタッチを職業とするデザイナーのワーク分野になります。「Fujio Magic」はその一歩手前の、HPとSNSやA3以下の印刷物に使用する目的での、画像に関するレタッチ技術習得教材です。

※確認事項・・・実画像の全作例作業についてはPSE(Photoshop Elements 2018)を使用します。その購入版(無料試用版)におけるPSE手法はフォルダNo.10/11<キット解説全般(A4 100ページ)>にて、画像レタッチの初心者向けに詳細な説明文と図解で編集されています。習得困難な「レイヤー」などを使用しない必要最小限の、“楽々簡単”手法のみでJP・レタッチキットは「Fujio Magic」のスタンスが貫かれています。

「JP・レタッチキットFujio Magic」の価格、期間、申し込み方法など

 

(2)作例写真についてのご案内

フォルダNo.2<風景写真>作例写真は実画像10点

1970~80年代に撮影現場で体験した日本風景の、最も美しい情景を完成図イメージとしています。温暖化の現代では、10年に一度見られる最良条件の桜や紅葉風景という表現完成図になります。

「Fujio Magic」では明暗色調、コントラスト、彩度など風景写真を構成する要素を理解するため、詳細な解説を読みながら、風景写真完成図の極意を悟る方向付けを学びます。わずか10作例の中で、桜や紅葉のレタッチポイントのほかに、「遠景空の青空出し」、「霧の出現術」、「夜景3点セット」、「朝・夕焼けの美化術」、「水面黄金の術」、「爽快ブルー」など、撮影状況での最大難関問題点を解決する、「風景レタッチはなれ技」をも習得します。
フォルダNo.7<風景・四季>とフォルダNo.8<風景・街と農漁村>は各45作例ずつ、計90のヒント作例で編成されています。ヒント作例を解決する鍵が、ここでの10作例の学習体験に存在します。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~5点ですが、HPではBeforeとAfterのA、B2点のみの紹介です。(作例写真10点を拡大してご覧ください)

※参考資料/HP[絶景工房]→アマナイメージズ(作家番号11076)→新着順(100点×200ページ)中橋マジック20,000点を通しで見て、風景写真におけるレタッチ完成図のイメージを全体的に把握します個の理解より全体像の理解を優先するためです。

フォルダNo.3<人物写真と風景>作例写真は実画像14点

このフォルダではPSE定番手法を使用せずに、肌荒れ補正を数秒の「Fujio Magic」隠し技で満足度に達する効果を学びます。このPSEの各ツールを使用せずに、いかにレタッチ完成図を迅速に成し遂げるかが「Fujio Magic」のスタンスです。

※キットでの各実習作例は2点~4点で、詳細な技術説明が記載されていますが、テクニックは企業秘密に該当するため、HPでの公開は不可能になります。
※講座では受講内容の1テーマです。

※参考資料として、キット内容とは関係ありませんが「人物写真と中橋富士夫」をご覧下さい。以下↓

 人物写真と中橋富士夫

人物写真/名古屋市のモデルクラブと提携して、人物写真(女性・子ども・若者・家族など)をストックフォト用に日本で最初に中橋富士夫が本格的に撮影しました。フォトライブラリー・オリオンプレスに中橋富士夫撮影による日本人の人物写真が大量にストックされるこの時までは、外国のストックフォトから輸入の人物写真(外国人のモデル)を使用するのが主流ででした。
中橋富士夫の人物撮影はテイキング時代、ジェイ・ピー時代へも続きます。
人物写真は中橋富士夫のストックフォト売り上げのメインテーマでもありました。

(見本写真を拡大してご覧ください)

 

 

中橋マジック見本(写真を拡大してご覧ください)

フォルダNo.4<祭り・イベント・花火>作例写真は実画像16点

日本の祭は世界に誇れる、日本人の心意気を表現している強力なパフォーマンスです。日本特異の魅力をアピールできる素材をグローバルな捉え方で、写真映像による臨場感で世界に発信をと願う昨今の日本事情です。
祭り・イベント写真には発信するにあたり、重要な解決策が必要です。それは被写体人物の顔に関する肖像権で、フォルダNo.4ではその解決策の1つとして「ボカし」のレタッチ技術を提案しました。ポイントとなる「ボカし」の程度を考える機会になればと思います。
1968年のプロ初年生から50年、様々な祭り・イベント撮影時に感じたワクワク感は、動体人物を撮るシャッターチャンスとアングルの撮影スキルを駆使するところにあります。静的風景写真の対局にある、スポーツ写真にも似た動的被写体の「祭り・イベント」は、撮影条件の天候が雨天や逆光など悪条件でも撮らざるを得ません画像レタッチのイメージが想像出来れば、撮影時での最適な撮影体制が取れて、完成図を成立させるチャンスが多くなります。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~4点ですが、HPではBeforeとAfterのA、B2点のみの紹介です。(作例写真16点を拡大してご覧ください)

※参考資料/HP[絶景工房]→語るメモリーフォト(ポン・デ・ザールの恋人、闘牛の光と影、祭りの日)

フォルダNo.5<料理写真>作例写真は実画像20点

食品・料理写真は「ブツ撮り」と称される、物品撮影の分野になります。食品・料理素材には形と色(明暗色調)の多要素が含まれるため、「ブツ撮り」の基本は食品・料理写真で学ぶとされます。レタッチは全体画像の中の部分補正作業が多くこの処理能力に「Fujio Magic」が威力を発揮します。そのうえで部分補正を省略する解決策をも提案しますが、満足度は如何なものになるでしょうか?
作例の食品写真は自然光ライティングで、また料理写真は天井からの室内1灯光での撮影です。デジタルカメラとレタッチ作業のタッグで人工ライティングの必要性が減少したというより、レタッチの貢献度が最も影響する分野が「ブツ撮り」なのです。この作例の数少ない学習でも「ブツ撮り」のレタッチ方向性が理解出来て、様々な物品撮影に「Fujio Magic」の応用が可能となります。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~4点ですが、HPではBeforeとAfterのA、B2点のみの紹介です。(作例写真20点を拡大してご覧ください)

※一般的に料理写真は、様々な料理可能なキッチンと照明機材が備わるスタジオ撮影になります。料理担当者と撮影担当者のスタッフ協力による合作で美味しい料理写真が撮られます。
作例写真は撮影用ではなくて、日常的な家庭料理を卓上での撮影です。誰でもが撮影可能な気楽なシチュエーションで、レタッチ作業により、そこそこの料理写真が完成図として作れるという実証です。
レタッチ効果を際立たせるために、緑色の彩度を故意に強めました。

フォルダNo.6<PSE手法基礎>作例写真は実画像19点(HP紹介作例写真は9点)

このフォルダではPSE定番手法の基礎を学びます。但し、レイヤーの解説が入る難解な手法は全く有りません。ゴミ取りや肌荒れ補正の修復ブラシツール、角度補正や切り抜きツール、ピント合わせやボカシのテクニック、かすみの除去、自動セレクション、選択ツールとその部分補正など。全て30秒以下~2、3分のレタッチ簡単レベルです。
Photoshopアレルギー症候群の一人であるFujio が「食わず嫌い」の自分を発見して、「Fujio Magic」の製品価値に一味追加向上させた手法の数々を紹介します。「食わず嫌い」の自分を発見する人口増加をFujioは確信しています。ここでも「Fujio Magicとの連携プレーの凄さを感じることでしょう。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの2点~16点ですが、HPではBefore
とAfterのA,B2点のみの紹介です。(作例写真9点を拡大してご覧ください)

フォルダNo.7<ヒント作例/風景・四季>作例写真は実画像45点

実用性を重んじて、画像レタッチの中心テーマになる風景写真の作例特集編です。風景写真は自然の色彩、撮影時の天候条件、ライティング、時間帯など様々な撮影条件で撮影された素材になります。それだけ作例種類を多く実習体験してのレタッチ向上が求められます。
ヒント作例のフォルダNo.7~8では各4、5点、作例作業のプロセス解説に記述等の誤りがあるかもしれません。作例保存版の画像と比較して説明文章に不可解さを感じとったら、その作例作業は宿題として最終卒業制作にしましょう。「Fujio Magic」の誤解説を修正しての完成図作りは、一人立ちレベルに達した証です。
「風景・四季」は絶景日本の風景を、Fujioが実体験した10年に一度見られる、最良撮影条件撮影の画像に変身進化することになりますが、見本作例、Afterの80%以上の出来栄えを感じられたら合格点としましょう。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~5点ですが、HPではBeforeとAfterのA,B2点のみの紹介です。(作例写真45点を拡大してご覧ください)

フォルダNo.8<ヒント作例/風景・街と農漁村>作例写真は実画像45点

「街と農漁村」の作例写真は居住地の風景を再発見するための、その写真撮影に関心が発生するような選択編集です。「Fujio Magic」を習得すれば、逆にイメージ完成から素材発見が可能となり撮影が楽しくなります。住む強みの「ふるさと」の定番撮影と説明的写真やイメージ写真まで、感動と賛同を得るレタッチ作業完成図に夢膨らみます。
作例ではフォルダNo.7-8とは対照的なテーマである「ご近所公園撮影法」を紹介していませんが、足繁く通える撮影ポイントでは、通りすがりの撮影者には想定外のイメージ的写真を狙うのも一興です。結果が「インスタ映え」につながる高彩度完成図になっても、「Fujio Magic」の習得者は「単なるペンキ絵」とは異なる心得で、画像的に説得力のある、美しいインパクト作品を創作することになります。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~5点ですが、HPではBefore
とAfterのA,B2点のみの紹介です。(作例写真45点を拡大してご覧ください)

フォルダNo.10/11<キット解説全般>作例写真は実画像34点(HP紹介作例写真は21点)

PSE手法活用の全般的見地から「Fujio Magic」との“楽々簡単タッグ”を組める、レタッチ必要最小限のPSE手法を紹介します。もちろん「レイヤー」の説明作例は有りません。習得練習のみで完成図の達成可能なPSE手法で編集されています。合計A4サイズ100ページに及ぶ、作例と図解の解説は、PSE手法からの厳選と検証で完成しました。説明の図解と文章どおりに実画像を使用しての実習は、他のフォルダNo.の実画像作例実習と同じです。
PSEのエキスパート画面と各名称図解、PSE画面解説と役割、ツールボックスの各機能、タスクエリアの解説。そして各ツールの使用法など詳細な図解と文章は、画像レタッチ画面に初めて対面する購入者向けに編集されています。

※キットでの各実習作例は、詳細な説明文付きの3点~5点ですが、HPではBefore
とAfterのA,B2点のみの紹介です。(作例写真21点を拡大してご覧ください)

アマナイメージズ


(1)アマナイメージズの写真販売ネットにリンクします。
(2)写真下の作品番号11076の確認をお願いします。新着順にてご覧ください。
このサイトに掲載されている全ての写真及び文章等の無断転載、使用は禁じられています。
PAGETOP
Copyright © (有)ジェイ・ピー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!